コンタクトセンター | 築地本願寺

築地本願寺に 相談する

築地本願寺コンタクトセンター

「お寺は敷居が高い」といわれてしまうことがありますが、より多くのみなさまにもっと親しんでいただけるよう、
電話によるお寺の窓口を用意しました。どうぞお気軽にご利用ください。

築地本願寺コンタクトセンター

お問い合わせ・お申し込み
はコンタクトセンターまで

  • 「築地本願寺 全般」の お問い合わせ・お申し込みは

    0120-792-048

    全日 9:00~17:00

  • 「合同墓」の お問い合わせ・お申し込みは

    0120-792-018

    全日 9:00~17:00

  • 「お通夜・ご葬儀」の お問い合わせ・お申し込みは

    0120-792-076

    24時間365日

  • 40代 男性 父の法事について

    子どもの時分に亡くなった父の33回忌を迎えるにあたり法事の問い合わせをしました。用意すべきものやお布施のことまで丁寧に教えていただき助かりました。自宅近くのお寺も紹介出来るとのことでしたが、いろいろ考えて築地本願寺を選びました。無事に33回忌を行うことが出来て今ではホッとしています。

  • 50代 女性 母の葬儀について

    母が亡くなり、葬儀社とお坊さんをご紹介いただきました。「お葬式は身内だけで」という母の思いのもと家族であたたかく見送ることが出来ました。ご紹介いただいた葬儀社の担当者は何もわからない私たちに懇切丁寧に説明してくださり、お坊さんも心をこめてお経をあげてくださったと感じました。これからの仏事も葬儀をしてもらったお坊さんにお願いすることにしました。

  • 60代 夫婦 合同墓について

    テレビや雑誌での「終活特集」がきっかけで、合同墓について問い合わせしました。私たち夫婦は子どもがいないので「合同墓」はまさに私たちが求めていたお墓のスタイルでした。お葬式についても不安をもっていましたが、一緒に相談することが出来たので安心できました。他のサービスも気になります。

※お問合せ内容の正確な把握、および、コンタクトセンターの応対向上のため、通話内容を録音させていただきます。

よくあるご質問

Q.001

法名(ほうみょう)とは何ですか?

お釈迦様の弟子として生きていくときの名前を法名と言います。
浄土真宗ではお釈迦様の「釈(釋)」の字をつけて、
「釋〇〇」という法名をいただきます。

Q.002

法名と戒名は違うのですか?

「戒名」は、出家・授(受)戒し、
戒律を保つ決意を新たにした人に授けられるものです。
浄土真宗では、戒律を保つことを主眼としませんので、
「法名」と表現します。
併せて、故人の位を表す敬称である位号(いごう=信士、信女、居士、大師など)も、
浄土真宗では必要としないため、法名には位号が付きません。

Q.003

法名は亡くなったときにいただくのですか?

「法名」とは、お釈迦様の弟子として生きていくことを誓ったときにいただくお名前なので、
私のいのちが終わってからではなく、
生きている「今」に帰敬式(ききょうしき)を受式し、
法名をいただくのが本来のあり方です。

「帰敬式」の詳細はこちらへ

TOP

TOP