まるごと築地本願寺

築地本願寺の歴史

1617(元和3)年の創建当時は、浅草近くの横山町に第12代宗主(門主)准如上人によって浄土真宗本願寺派の「別院」として建立され、「江戸浅草御堂」と呼ばれていました。

しかし、1657(明暦3)年、「明暦の大火」(当時は「酉年火事」とよばれていました)と呼ばれる歴史的に知られる大火事で坊舎を焼失してしまいました。幕府の区画整理のため、もとの場所への再建が許されず、その替え地として用意されたのが、八丁堀の海上でした。


築地本願寺の歴史1

そこで佃島の門徒が中心になり、本堂再建のために海を埋め立てて土地を築きました。それが「築地」という地名の由来となっています。
再建されたのは1679(延宝7)年、「築地御坊」と呼ばれるようになりました。
このときの本堂の正面は西南(築地市場方向)に向いて建てられ、大きな屋根は江戸湊(みなと)に入る目印にもなっていたようです。現在もにぎわう場外市場のあたりは寺内町でした。

しかしその後、1923(大正12)年、関東大震災にともなう火災により本堂を焼失しましたが、東京(帝国)大学工学部教授・伊東忠太博士の設計により、1934(昭和9)年、現在の本堂の姿となりました。
この本堂の外観は「インド様式」の石造りとなっていますが、本堂内部のお荘厳は伝統的な真宗寺院の造りになっています。

2011(平成23)年、本堂および大谷石(おおやいし)を積み上げた石塀が国の登録有形文化財に登録されました。

2012(平成24)年、浄土真宗本願寺派の直轄寺院となったことにより、それまでの「築地別院」から正式名称が「築地本願寺」と改められました。

2014(平成26)年、本堂、石塀、三門門柱(正門・北門・南門)が国の重要文化財に指定されました。

築地本願寺の歴史2
築地本願寺の歴史3