お知らせ

【募集】仏教Life at築地本願寺開催のお知らせ

この度、宗学院研究員による築地本願寺倶楽部会員限定の講座を開講させていただくこととなりました。

下記詳細をご覧いただき、是非ご参加ください。

 

※聴講無料にてご参加いただけます。

 

 

  • 対象

    築地本願寺倶楽部会員

    参加には築地本願寺倶楽部への入会が必要になります。

    築地本願寺倶楽部につきましてはこちらをご覧ください。

     

     

  • 第1回 「浄土へ往き生まれるいのちを生きる」

     日 時  2019年9月23日(月・祝)15:00〜16:30

     場 所  築地本願寺内 インフォメーションセンター1階多目的ルーム

     講 師  桑原 昭信(くわはら あきのぶ) 宗学院研究員。文学博士。

     概 要  お釈迦様や親鸞聖人が生涯をかけてお説きになられた教えは、真実を真実としていただくことができるようになるための教えです。ですから、そこには人生を楽に上手く生きていくための方法は説かれていません。また、その教えを知識として理解しようとするだけでは、ほんの入り口に立ったに過ぎないとも言われます。しかし、一度その教えを「我が事」としていただくことができたならば、自ずとその教えの真意が明らかとなってまいります。
    今日ではあらゆる物事に対して「他人事」という意識が顕著であり、自身のいのちの行く末すらも例外ではないようです。そこで、秋のお彼岸に際し、改めて我が事としてその教えと向き合い人生の依るべきところの確かさを、共にお聞かせいただきましょう。

     お申し込み  こちらのフォームよりお申し込みください

     

  • 第2回 「いのちを拓くことばに遇う」

     日 時  2019年12月25日(水)15:00〜16:30

     場 所  築地本願寺内 インフォメーションセンター1階多目的ルーム

     講 師  武田 一真(たけだ かずま) 宗学院研究員。文学博士。

     概 要  尊いものとして、あなたは「いのち」に出遇えていますか。
    仏教では、尊いいのちというものが在るとは考えません。むしろお釈迦さまは、いのちを〝迷っているもの〟として見つめ、生きることの苦しみをこえてゆく道を説かれました。尊いいのちというものを掲げるのではなく、いのちという出来事に、わたしが尊い意味を見出しているかを問う。それが仏教という生き方なのですね。そして、ままならないこの「いのち」を開拓し、今この時に豊かな意味を与えくださることば、それこそが仏さまの教えだと言えるでしょう。あなたは今、どのように「いのち」と出遇っていますか。いのちを拓く仏さまのことばを、ともに仰いでみませんか。

     お申し込み  こちらのフォームよりお申し込みください

     

  • 第3回 「願いに生かされる」

     日 時  2020年3月20日(金・祝)15:00〜16:30

     場 所  築地本願寺内 インフォメーションセンター1階多目的ルーム

     講 師  四夷 法顕(しい のりあき) 宗学院研究員。文学博士。

     概 要  一般には目に見えるものが確かで、目に見えないものは不確かであると考えられがちです。しかし、お釈迦さまが「諸行無常」と説かれたように、仏教では私たちが見ているものこそ不確かな存在であると考えます。一方、「願い」は目に見えませんが、確かに私へ届けられているものです。人間関係に疲れた時、自分や家族が大きな病気になった時、身近な方が亡くなった時、これまで確かだと思い、たよりにしていたものが崩れていく時がおとずれます。その時、皆さまは何を支えとして生きていかれるでしょうか。
    浄土真宗は阿弥陀如来の「願い」の上に成り立つ仏道です。その「願い」を聞いていく時、私のいのちを根底から支えてくださっている存在に気づきます。
    春彼岸のお中日というこの日、先だって往かれた方々をご縁として、仏さまの「願い」に一緒に耳を傾けてみませんか?

     お申し込み  こちらのフォームよりお申し込みください

     

     

  • お問い合わせ

    築地本願寺コンタクトセンター

    0120-792-048

  • HOME
  • お知らせ
  • 【募集】仏教Life at築地本願寺開催のお知らせ

TOP

TOP