2022年度築地本願寺報恩講「御示談」質問募集について | 築地本願寺

インフォメーション

2022年度築地本願寺報恩講「御示談」質問募集について

難しい仏教用語や、浄土真宗のみ教えについて、わからないことはありませんか?
築地本願寺報恩講期間中の11月12日~11月15日の4日間、「御示談」を行います。
つきましては、みなさまからのご質問を募集しておりますので、疑問・ご質問を下記のGoogleフォームよりお送りください。
https://docs.google.com/forms/d/165E0374MtgZqaWx3S8pGLJV4-msL2R3hRAWmIA9BHN0/edit

法義「御示談」とは・・・
僧侶が行う説教は、正しくて間違いがないことが前提となっています。だから説教の場で聴衆の側から質疑することは許されませんでしたが、後に浄土真宗では説教が終わってから聴聞者が説法に対する理解を語り合い、自らの信仰を披瀝して質疑する機会が設けられるようになりました。
これを説法者の法談に対して聴衆者の示談といいます。この示談は、聞法する者が自分の信心を確かめるために大切であったため、敬称を付けて「御示談」と呼ばれました。
※築地本願寺報恩講「御示談」や、その他法要等の詳細につきましては、
下記のリンクより「築地本願寺報恩講特設ページ」にアクセスいただき、ご確認ください。
https://tsukijihongwanji.jp/houonnkou2022/

TOP

TOP