職員の新型コロナウイルス感染症罹患者確認について(1月13日) | 築地本願寺

インフォメーション

職員の新型コロナウイルス感染症罹患者確認について(1月13日)

 1月13日(木)築地本願寺分院の和田堀廟所(東京都杉並区)に勤務する職員1名に、新たに新型コロナウイルス感染症罹患が確認されました。この度の罹患した職員が事務を執った関係箇所の消毒は実施済みであり、当該職員は自宅待機のうえ、保健所の指示を待っている状況であり、また接触のある職員につきましては、PCR検査を実施し結果が出るまで自宅待機としております。

 築地本願寺では、かねてより新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために尽力し、参拝者および職員スタッフやその家族関係者の安全を第一に配慮した対策を講じてまいりました。
 
 今後も、職員においてはマスクの着用をし、手指消毒を行い、本堂内は、殺菌剤噴霧を定期的に実施し感染防止に努めたうえで、安心してご参拝いただける環境を整えてまいります。

 ご参拝の皆さま、関係者の皆さまには大変ご心配をおかけいたしますが、今後も感染対策にご協力をお願い申し上げます。

 感染された方々の1日も早い回復を願うとともに、感染者・感染の疑いがある職員スタッフの個人情報・プライバシーを尊重し、不当な取り扱いがなされないように傾注してまいります。

TOP

TOP