浄土真宗本願寺派 東京教区教務所

2011年10月27日

3月11日(金)

カテゴリー: 東日本大震災 — admin @ 3:45 PM

3月11日(金)

14:46頃 強い地震発生 1分以上揺れ続けた為、施設内の人々を誘導しながら
避難をする。揺れの収まりを確認してから、TVで震源地を確認し
た。
15:00頃 震源地は三陸沖、宮城県北部で震度7とのこと
 教区内各所で震度6強、6弱、5強、5弱等があり、当該各組長へ
 電話にて状況確認を開始したが、すでに電話が通じにくくなってお
り、確認が取れない状態であった。
15:30頃 特に被害が甚大であると予測される組(栃木南組、栃木北組、茨城
東組、茨城西組、群馬組、千葉組)に対して全寺院に電話にて状況
確認を開始する。
16:30頃 東京教区災害対策委員会所有の備蓄品を車に積み込み明朝栃木県、
茨城県へ出発する準備をする。
随時電話連絡を続ける。
20:00~翌日6:00
社会部へ状況報告〈第1報〉
       升巴賛事、瀧山録事、菊池書記が教務所に待機。
       各寺院へ再度電話にて状況確認をする

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

Powered by WordPress