まるごと築地本願寺

概要

ようこそ築地本願寺のホームページへお越しくださいました。
築地本願寺は、お寺の中でも「ちょっとユニーク」といわれます。
このホームページや、実際に築地本願寺にお越しいただいたことをご縁に、お気軽に、少しでも浄土真宗や親鸞聖人の教えにふれていただける機会となれば幸いです。

外観

簡単に自己紹介をいたします。

築地本願寺は浄土真宗本願寺派のお寺で、京都の本願寺(西本願寺)が本山です。
創建時は浄土真宗本願寺派の全国各地にある別院「築地別院」として建立されました。
そして2012年4月1日より、ここ東京首都圏の拠点として直轄寺院となり、正式名称が「築地本願寺」と改められました。

築地本願寺の住職は、「門主(もんしゅ)」です。
門主とは、浄土真宗本願寺派の代表であり、また本山本願寺の住職であります。現在の門主は第25代、大谷光淳(こうじゅん)門主であります。

そして、築地本願寺の事務の長を「宗務長(しゅうむちょう)」といいます。

また、浄土真宗本願寺派のお寺に集まる人々は、「門徒(もんと)」「信徒(しんと)」または合わせて「門信徒」といいます。

ここ築地本願寺では、毎日のお勤めはもちろんのこと、年間を通して皆さまに楽しんでいただける行事を様々行っています。
門信徒の方々、そして築地という立地より、多くの観光客の方もお越しくださっております。
外観の建築物としての魅力、中に入ると息を呑む荘厳な本堂が皆さまをお待ちしております。
どなた様もどうぞお気軽にお越しください。

外観