そうだったのか浄土真宋

親鸞聖人の生涯

浄土真宗の宗祖、親鸞聖人の生涯をご紹介します。
ご誕生1173年5月21日(承安3年4月1日)
ご往生1263年1月16日(弘長2年11月28日)

ご誕生

ご誕生

平安時代も終わりを迎えようとした頃、京都の南、日野の里でご誕生されました。
幼名は松若丸(まつわかまる)。
父は公家の日野有範。
武士が台頭し、源氏と平氏の争乱のなか、疫病や飢饉、暴風や大地震が続発する混迷した時代でした。

道を求めて

道を求めて

9歳の春、出家得度して、日本の仏教の根本道場・比叡山に上りました。
20年もの間、命がけの修行を積みましたが、すべての人を救う仏の覚りにいたることはできませんでした。

法然さまとの出会い

法然さまとの出会い

苦悩のなか29歳で山を下り、お念仏による救いを説く法然さまを訪ねました。
そして阿弥陀仏の「必ず救う」という願い(ご本願)を素直に受けとり、念仏申す以外に救われる道はないと納得されたのでした。

お念仏を越後へ

お念仏を越後へ


お念仏の教えが広まるにつれ、仏教諸宗の反発が強まり、朝廷の命令で弾圧が始まりました。法然さまは土佐へ、親鸞さまは越後へ流罪となりました。
不当な弾圧でしたが、越後の人々にお念仏を伝える大切な仏縁と受け止められました。

家族とともにご縁をよろこぶ

家族とともにご縁をよろこぶ

恵信尼(えしんに)さまと結婚して子を授かりました。
また田を耕す方、漁をされる方と一緒に生活をされました。
在俗(ざいぞく)の生活にありながら、お念仏を称え、ご縁をよろこぶ生活を通して、誰もが歩める「真の仏道」を示されました。

関東での布教

関東での布教

罪を赦(ゆる)された親鸞さまは42歳の頃、関東に赴きました。
念仏弾圧が断続的に続くなど、ご苦労は絶えませんでしたが、たくさんの方々にお念仏を伝えられました。
浄土真宗のみ教えのエッセンスが記された『正信偈(しょうしんげ)』は、関東の地で著されたものです。

帰洛

帰洛

63歳頃、京都へ帰り、たくさんの書物を著されました。
越後や関東での経験から、多くの方がみ教えをよろこべるよう、仮名交じりで書物を著し、関東の門弟には手紙を書いて、丁寧にお導きくださいました。

ご往生 有 賢友画

ご往生

誰もが救われるお念仏のみ教えを示された親鸞さまは、90歳でご往生されました。
親鸞さまのお導きは、遠く750年の時を超え、今も受け継がれています。
築地本願寺は、親鸞さまが歩まれたお念仏のみ教えを伝えるお寺です。